先日、AppleはApple Musicを6月からロスレス化することを発表しました。見えてくる問題を挙げていきたいと思います。

AirPodsとの関係

 Apple Musicがロスレス化において使用するコーデックはALACだそうです。一方、AirPods、AirPods Pro、AirPods Maxが対応しているコーデックはSBCとAACのみです。よって、現時点ではこれらのデバイスではロスレス化の恩恵を受けることができません。
 Jon Prosser氏のリーク情報によると、AirPodsシリーズは今後のアップデートでApple独自のロスレスコーデックに対応するということです。HomePodは近日中の対応が発表されたので、少しだけ期待したいと思います。わたしはAirPods Proを発売直後に購入し、1日平均3時間以上はつかっているのでそろそろバッテリーが心配です。新しいAirPodsが出ても嬉しいです。

Macでの再生

 MacのApple Musicにおける再生エンジンはQuickTimeです。わたしの知るMacではずっとそうなのですが、QuickTimeは再生時のノイズが多く、お世辞にもロスレス再生を求めるユーザーの要求を満たす再生エンジンとは言えません。iTunesが廃止される以前から、より良いリスニング環境を求めてAmarraやAudirvana、BitPerfect、Decibelなどの再生エンジンに移行していたMacユーザーも多いと思います。しかし、Apple Musicではこれらの再生エンジンを通すことができません(わたしの知る限りは)。
 また、macOSはオーディオ信号処理にCoreAudioを使用しています。CoreAudioはエフェクトの付加やエンコードの機能を持ちますが、そのために浮動小数点計算を必要とします。そのため、CoreAudioでの処理において、小数点以下の数値を含む値を出力すると、小数点以下が切り捨てられるため、結果として音質が劣化してしまいます。これを防ぐために、上に挙げた再生エンジンの多くはCoreAudioをスキップし、整数値をDACに直接出力するインテジャーモードに対応しています。
 しかし、インテジャーモードによってmacOSのバグが頻発したため、OSX 10.7(Lion)よりこの方法が使えなくなりました。これについてはmacOSの今後のアップデート次第で状況は変わると思われます。WWDCに期待したいと思います。

まとめ

 現状アーティストフレンドリーなOSとしての地位を確立しているmacOSにとってApple Musicのロスレス化・再生環境の向上はAppleの急務だと思います。Apple Musicは音楽ストリーミングサービスのゲームチェンジャーとなれるのか、注目を続けたいです。

 4月27日、iOS14.5、watchOS 7.4が公開されました。この2つのデバイスの組み合わせることで、マスクをした状態でもApple Watchを装着していればiPhone X以降のロック解除がパスコードなしでできるようになりました。

スムーズさはまずまず

 これでロック解除問題は解決かと思いましたが完璧ではなさそうです。iPhoneがマスクを検出しなければApple Watchでのロック解除ができないからです。iPhoneがマスクを検出する精度は、通常時のFace IDで顔を認識する精度よりもよくない感じがします。通常時のFace IDであれば、多少他の方向を向いていても視線さえセンサーに送ればほぼ100%認識してくれますが、マスクの検出においては、iPhoneの画面に対して顔の軸を平行に近づけなければ認識してくれません。おそらくセンサーを積んだ際はマスクを検出する想定がなかったからだと思います。わたしの場合は、いつもより少しあごを引かないと精度が落ちます。あごさえ引けばほぼ100%認識してくれるので、早く慣れたいです。

やっと生体認証が積まれた

 この機能のいいところは、スムーズさよりも、電車などの人ごみでパスコードを入力する必要がなくなるということです。要するにマスク着用時においてiPhoneのFace IDがちゃんと生体認証として機能するようになったというかなりレベルの低い話です。今後は虹彩認証や指紋認証に向かうのでしょうか。

マスクを検出する必要性

 今回のこの機能では、マスクを検出しないとApple Watchでのロック解除は実行されません。しかし、マスクを検出する必要はあるのでしょうか。わたしのApple Watchさえ近くにあれば、マスクをした誰でもわたしのiPhoneをロック解除できます(直後にわたしのApple Watchでロックできます)。ですから、マスクを検出することはセキュリティ的に特に意味はありません。すると、Face IDはもう必要なくなるので、iPhoneに生体認証は必要なくなります。Apple Watchさえ着けていればロックする必要もないです。結論として、Face IDをそもそも使用しないというオプションがあったらおもしろいなあと思いました。

 LINEMOを契約して1ヶ月ぐらい経ちました。たまに動画を最高画質で見る程度のことしかしないわたしには十分な容量と速度を兼ね備えていておおむね満足しています。iPhone 12 Pro Maxを使用しているのでミリ波はまだ体験できていませんが、わたしは3.7Ghz帯が飛んでいるエリアに生息しているので日常的に5Gの恩恵にあずかっています。また、この1ヶ月で関東を含め5Gエリアが含まれる都市に行く機会があったので速度を計測してきました。しかし、そこまでたいしたものではありませんが、気になることもなくはないので書いていきたいと思います。

5Gはsub6でもすごい

 各地で条件を揃えて測定するのを怠ったのでわたしのだいたいの体感になりますが、時間帯を変えた複数回の計測で、大阪駅、京都駅、名古屋駅、東京駅、新宿駅周辺の3.7Ghz帯エリアで下り300〜700mbps、ping10〜20ms程度を記録しています
 5Gはすごいです。まあデイリーユースにそんな速度ほぼ必要ないじゃんと言われたらそれまでなのですが、やはり快適です。わたしの場合、確実に速度を体感できるシチュエーションが動画閲覧、アプリのダウンロードです。Youtubeの動画を1080pで再生しているときに、どこにシークしても次の瞬間には動画が動いています。外で急にアプリをダウンロードしようというときに、たとえば数百メガバイトならふつうは軽く絶望するわけですが、5Gだとホーム画面に戻る前にダウンロードが終わります。そしてあらゆる読み込みの時間が感じられなくなります。sub6でこれなのでミリ波があったとしても違いわかるのかなという感じです。快適さがすごいのでわたしは5G推し人間になりました。

速度制限?

 ここ1週間ほど、4Gエリアにおいて朝の電車である特定の地域で速度を計測すると速度が1mbpsを割り込むことがありました。普段なら40〜50mbps程度は出ているのにです。
FullSizeRender
 もしかしたらさっそく速度制御がかけられているのではないかと疑っています。しかし、1mbpsでも480p以上での動画閲覧や、アプリのダウンロードなど以外はふつうにできるのであまりわたし的には気にしていません。ちなみに5Gエリア(sub 6)では朝でも夕方でも速度は今のところ落ちません。

20GBを超過すると

 ためしに通信制限にかかってみました。明らかに通信量が20GBを超えたタイミングから2時間ほど経ったときにLINEMOから通信制限がかかる旨のショートメッセージが来ました。それまでは5Gも含めふつうに使えたのでこのタイムラグの間は無制限に使えるかもしれません。
 通信制限後は速度がちょうど1mbpsになりました。正直この速度でも上記の通り基本的には快適に使えます。

各社3プランのどれがいい?

 ずばり自分の行動範囲が5Gエリアに含まれているものを選べばいいと思います。わたしの場合はそれがソフトバンクです。速度制限がどうしてもいやならahamoかpovoから選べばよいと思います。
 万が一に備えて書きますが、5分以上の通話を日常的にする人はどれも向いていません。

↑このページのトップヘ