Macbook初心者向け記事です。

USB Type-Cハブ

 なんやかんやUSB Type-Cだけでは生活できないのでハブが必要です。まず持ち運び用のコンパクトなものを買って、足りなければ据え置き用を買うといいです。
 個人的には最終的にUSB Type-C端子が2口以上残るものがおすすめ。

 持ち運び用なら

 
 Macbookのアルミボディは気を抜くと角に傷が付きます。持ち運びの際はケースに入れよう。ちゃんと収まれば何でもいいと思います。

 わたしはamazonベーシックのなぞのケースを使っています。ハブやSSDが入るポケットがあって便利。


 〜256GBモデルの場合、iPhoneのバックアップを取り始めるとストレージはすぐにいっぱいになるので、外付けSSDの購入を検討しましょう。Sandiskのものを買っておけばいいと思います。


 今後大量のファイルを保存する予定のある場合は、HDDスタンドまたはケースを購入し、それに内蔵HDDを買い足していくのがもっともローコストですむと思います。



 付属の充電器が大きすぎて不満がある場合はサードパーティ製のものを購入しましょう。Macbook Airの場合は最大30W、Macbook Proの場合は最大60Wで給電できますが、多少下回ってもよほど重い作業をしない限り問題ありません(Airで20W、Proで45Wなど。もちろん充電速度は落ちますが。)。
 Ankerからかなり小さい20W充電器が発売されているので、小ささをとってこちらを購入するのもありだと思います。

 20W





 30W

 60W



キーボードカバー
 
 Macbookで最も故障しやすいのがおそらくキーボードです。2019年発売のMacbook Pro 16インチモデルから採用されているシザー式のものはまだ壊れにくいとは思いますが、それ以前のバタフライ式キーボードの壊れやすさは集団訴訟レベルです。
 どちらにせよ、キーボードは汚れやすいです。カバーを付けていると掃除がかんたんなのでキーボードカバーの購入は必須だと考えています。耐久性の高いTPU製がいいと思います。ご自身のモデルに合ったものを購入してください。


 この記事はMacをはじめて買った人でパソコンに慣れていない人に向けて書いています。

ウェブブラウザ


Google Chrome
 

 拡張機能が最も豊富なのでいったんChromeを入れておけばいいと思う。


Safari
 Macにもとから入ってる。エネルギー効率が高いので出先で使うのにおすすめ。


Chromeの拡張機能


Adblock Plus

 Web上の広告がほとんど消える。

Rescroller

 ChromeでYoutubeを見ているとたまに右にスクロールバーが出っぱなしになって邪魔なのでこれでスクロールバーを消しておいたほうがいいと思う。


文字入力関連

Google日本語入力


 標準のライブ変換も便利だが変換がちょっとあほ。Google日本語入力は変換の精度がより高いので好みによってはこっちを使ったほうがいいと思う。

⌘英かな

 日本語入力をしようとするとき、すでに日本語入力になっているのに間違えて英語入力に切り替えってしまい、また日本語入力に切り替えるという二度手間になることが多々ある。
 左右のcommandキーの左ワンタッチで英語入力、右ワンタッチで日本語入力に切り替えれるようにできるキー設定は慣れるとかなり便利。より高度なキー設定がしたいなら Karabiner-Elements を使おう


Caps Lockキーについて

 Caps Lockキーは基本的に必要ないので システム環境設定→キーボード→ 修飾キー でcontrolキーなどに変えてしまったほうがいいと思う。


無料で有用なアプリ


GIMP

 だいたいのことができる画像編集ソフト。

DaVinci Resolve

 だいたいのことができる動画編集ソフト。有料版のいくつかの機能が削られた無料版がある。

VLC

 たまにわけのわからない動画ファイルを送りつけてくる人がいるが、だいたいこれで開ける。

QuickShade

 画面の輝度をさらに暗くすることができる。暗い部屋におすすめ。

Clipy
 

 command + c でコピーしたものの履歴を出すことができる。

CheatSheet

 commandを長押しすることでショートカットキーを一覧表示することができる。 ショートカットキーに慣れるまでは導入しておいたほうがいいかも。

LINE


tweetdeck


Spotify

↑このページのトップヘ