2021年04月

 4月27日、iOS14.5、watchOS 7.4が公開されました。この2つのデバイスの組み合わせることで、マスクをした状態でもApple Watchを装着していればiPhone X以降のロック解除がパスコードなしでできるようになりました。

スムーズさはまずまず

 これでロック解除問題は解決かと思いましたが完璧ではなさそうです。iPhoneがマスクを検出しなければApple Watchでのロック解除ができないからです。iPhoneがマスクを検出する精度は、通常時のFace IDで顔を認識する精度よりもよくない感じがします。通常時のFace IDであれば、多少他の方向を向いていても視線さえセンサーに送ればほぼ100%認識してくれますが、マスクの検出においては、iPhoneの画面に対して顔の軸を平行に近づけなければ認識してくれません。おそらくセンサーを積んだ際はマスクを検出する想定がなかったからだと思います。わたしの場合は、いつもより少しあごを引かないと精度が落ちます。あごさえ引けばほぼ100%認識してくれるので、早く慣れたいです。

やっと生体認証が積まれた

 この機能のいいところは、スムーズさよりも、電車などの人ごみでパスコードを入力する必要がなくなるということです。要するにマスク着用時においてiPhoneのFace IDがちゃんと生体認証として機能するようになったというかなりレベルの低い話です。今後は虹彩認証や指紋認証に向かうのでしょうか。

マスクを検出する必要性

 今回のこの機能では、マスクを検出しないとApple Watchでのロック解除は実行されません。しかし、マスクを検出する必要はあるのでしょうか。わたしのApple Watchさえ近くにあれば、マスクをした誰でもわたしのiPhoneをロック解除できます(直後にわたしのApple Watchでロックできます)。ですから、マスクを検出することはセキュリティ的に特に意味はありません。すると、Face IDはもう必要なくなるので、iPhoneに生体認証は必要なくなります。Apple Watchさえ着けていればロックする必要もないです。結論として、Face IDをそもそも使用しないというオプションがあったらおもしろいなあと思いました。

 LINEMOを契約して1ヶ月ぐらい経ちました。たまに動画を最高画質で見る程度のことしかしないわたしには十分な容量と速度を兼ね備えていておおむね満足しています。iPhone 12 Pro Maxを使用しているのでミリ波はまだ体験できていませんが、わたしは3.7Ghz帯が飛んでいるエリアに生息しているので日常的に5Gの恩恵にあずかっています。また、この1ヶ月で関東を含め5Gエリアが含まれる都市に行く機会があったので速度を計測してきました。しかし、そこまでたいしたものではありませんが、気になることもなくはないので書いていきたいと思います。

5Gはsub6でもすごい

 各地で条件を揃えて測定するのを怠ったのでわたしのだいたいの体感になりますが、時間帯を変えた複数回の計測で、大阪駅、京都駅、名古屋駅、東京駅、新宿駅周辺の3.7Ghz帯エリアで下り300〜700mbps、ping10〜20ms程度を記録しています
 5Gはすごいです。まあデイリーユースにそんな速度ほぼ必要ないじゃんと言われたらそれまでなのですが、やはり快適です。わたしの場合、確実に速度を体感できるシチュエーションが動画閲覧、アプリのダウンロードです。Youtubeの動画を1080pで再生しているときに、どこにシークしても次の瞬間には動画が動いています。外で急にアプリをダウンロードしようというときに、たとえば数百メガバイトならふつうは軽く絶望するわけですが、5Gだとホーム画面に戻る前にダウンロードが終わります。そしてあらゆる読み込みの時間が感じられなくなります。sub6でこれなのでミリ波があったとしても違いわかるのかなという感じです。快適さがすごいのでわたしは5G推し人間になりました。

速度制限?

 ここ1週間ほど、4Gエリアにおいて朝の電車である特定の地域で速度を計測すると速度が1mbpsを割り込むことがありました。普段なら40〜50mbps程度は出ているのにです。
FullSizeRender
 もしかしたらさっそく速度制御がかけられているのではないかと疑っています。しかし、1mbpsでも480p以上での動画閲覧や、アプリのダウンロードなど以外はふつうにできるのであまりわたし的には気にしていません。ちなみに5Gエリア(sub 6)では朝でも夕方でも速度は今のところ落ちません。

20GBを超過すると

 ためしに通信制限にかかってみました。明らかに通信量が20GBを超えたタイミングから2時間ほど経ったときにLINEMOから通信制限がかかる旨のショートメッセージが来ました。それまでは5Gも含めふつうに使えたのでこのタイムラグの間は無制限に使えるかもしれません。
 通信制限後は速度がちょうど1mbpsになりました。正直この速度でも上記の通り基本的には快適に使えます。

各社3プランのどれがいい?

 ずばり自分の行動範囲が5Gエリアに含まれているものを選べばいいと思います。わたしの場合はそれがソフトバンクです。速度制限がどうしてもいやならahamoかpovoから選べばよいと思います。
 万が一に備えて書きますが、5分以上の通話を日常的にする人はどれも向いていません。


誰が書いてるの?

 わたしは関西に生息する若い人間です。主にApple製品を長年使っています。ほかにもWindowsやLinuxマシン、Androidタブレットなどいろいろなデバイスを使用した経験があります。趣味はゲーム、カメラ、ガジェット、放浪、ロックなどたくさんあります。合理性と無駄の調和を意識した生活を送っています。

何を書くの?

 Apple製品やさまざまなガジェットを使用していて気づいたことや、他の人があまり気にしていないような細かいことを書いていきたいと思います。

ブログ名は?

 漫画「よつばと!」の主人公「小岩井よつば」が由来です。




お問い合わせ
mail: ytb428%kagi.be (%→@)

 わたしは高校3年間往復3時間かけて通学していました。ロングスリーパーの気があるのに早起きを強いられていたので、通学中は基本的に寝ていたのですが、眠くないときにどうやって時間を使っていたのかを書いていきたいと思います。

必要なもの

・ノイズキャンセリングイヤホン

 音楽を聞くにも動画を見るにもリスニングの勉強をするにも使えます。わたしはもともとbeats Xを使っていたのですが、ノイズキャンセリングを試してみたくなりAirPods Proを購入しました。結果、桁違いに通学が快適になったので、ノイズキャンセリングは必須だと考えています。AirPods Proを初めて電車で使った朝、睡眠が快適すぎて電車を30分乗り過ごし、学校に遅刻しました。
 AirPods Proは新型の発表が予想されていますが、現状のままでも十分完成度が高いので購入しても問題ないと思います。他にも各社いろいろ出揃っているのでノイズキャンセリング付きのもので好きなものを買えばいいと思います。最もコスパが高いのはSoundcore Liberty Air 2 Proだと思われます。1万3000円程度でノイズキャンセリング付きです。




・できるだけ大きいスマホ

 好みもありますが、スマホはできるだけ大きいほうがいいと思います。わたしが高校時代に最も長く使ったスマホはiPhone 7 Plusです。その後、iPhone Xに移行したのですが、大きさに不満があり、先月iPhone 12 Pro Maxを購入しました。わたしは自分より大きい手を持つ人に会ったことがないぐらい手が大きいので、そのせいもあるとは思われますが。
 わたしはその大きいスマホで英語圏のYouTubeの動画を見たり、プライムビデオを見たりしていました。意識して見ていたわけではありませんが、おそらくそのおかげでリスニングは得意になりました。


では何をしよう

・睡眠

 上記の通りわたしはロングスリーパーです。毎日10時間寝たいのですがそういうわけにはいかないので、基本的に電車では寝ていました。特に朝は8割以上寝ていたと思います。電車で座って寝るために最適な時間と乗車位置を把握していました。

・プライムビデオ

 本格的に映画を見るならネトフリに入るべきだと思いますが、そこまでではないので3年間プライムビデオを見続けてました。関西人なのでドキュメンタルは何度も見ました。

・Apple Music

 わたしはいろいろな音楽ストリーミングサービスの無料体験期間を使い続けています。現在はAmazon Music HDの3ヶ月無料を使っています。Apple Musicを使っている期間が一番長いですが、CDから取り込んだ音楽と混ざるのがいやなので今後使わない気がしています。他はほとんど変わらないですね。UIの好みで選ぶのがいいと思います。

・勉強

 今思えば毎日通学時間にロシア語とか勉強したら面白かったかなと思います。

まとめ

 そもそもわたしは長距離通学・通勤をおすすめしません。できるだけ避けましょう。

↑このページのトップヘ