4月27日、iOS14.5、watchOS 7.4が公開されました。この2つのデバイスの組み合わせることで、マスクをした状態でもApple Watchを装着していればiPhone X以降のロック解除がパスコードなしでできるようになりました。

スムーズさはまずまず

 これでロック解除問題は解決かと思いましたが完璧ではなさそうです。iPhoneがマスクを検出しなければApple Watchでのロック解除ができないからです。iPhoneがマスクを検出する精度は、通常時のFace IDで顔を認識する精度よりもよくない感じがします。通常時のFace IDであれば、多少他の方向を向いていても視線さえセンサーに送ればほぼ100%認識してくれますが、マスクの検出においては、iPhoneの画面に対して顔の軸を平行に近づけなければ認識してくれません。おそらくセンサーを積んだ際はマスクを検出する想定がなかったからだと思います。わたしの場合は、いつもより少しあごを引かないと精度が落ちます。あごさえ引けばほぼ100%認識してくれるので、早く慣れたいです。

やっと生体認証が積まれた

 この機能のいいところは、スムーズさよりも、電車などの人ごみでパスコードを入力する必要がなくなるということです。要するにマスク着用時においてiPhoneのFace IDがちゃんと生体認証として機能するようになったというかなりレベルの低い話です。今後は虹彩認証や指紋認証に向かうのでしょうか。

マスクを検出する必要性

 今回のこの機能では、マスクを検出しないとApple Watchでのロック解除は実行されません。しかし、マスクを検出する必要はあるのでしょうか。わたしのApple Watchさえ近くにあれば、マスクをした誰でもわたしのiPhoneをロック解除できます(直後にわたしのApple Watchでロックできます)。ですから、マスクを検出することはセキュリティ的に特に意味はありません。すると、Face IDはもう必要なくなるので、iPhoneに生体認証は必要なくなります。Apple Watchさえ着けていればロックする必要もないです。結論として、Face IDをそもそも使用しないというオプションがあったらおもしろいなあと思いました。